地域医療介護連携課のご案内

当院は、2003年7月1日に地域医療介護連携課を開設し、地域のみなさまを支えるため、県内外の病院や開業医の先生方と連携・協力し、 地域全体でのサポート体制を強化しています。 医療や介護についてのご相談や、紹介患者さまの外来受診・転院相談など、お気軽にご連絡ください。地域連携室の職員は、 医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)8名、事務1名の計9名です。 日々元気に飛び回っています。

地域医療介護連携課活動方針

  1. 院内にとどまらず、関係機関と連携・協力し、地域のみなさまを支えます。
  2. 安心して入退院していただけるよう、入院から退院まで支援します。
  3. 支援とは代行ではなく、その人なりの自立を支えることと心得ます。
  4. 困った時こそ笑顔で頑張ります。

患者のみなさまに向けて

かかりつけ医のご紹介

当院での急性期治療(急病や手術などの治療を積極的に行う期間)を終えられ、病状の安定された方に、かかりつけ医師(自宅や職場近くの医師など)をご紹介しています。
かかりつけ医師が日常の処方や定期検査などを担当し、急病や入院を要する場合は当院の主治医が情報を共有しながら、一緒に患者さまの療養を考えます。

かかりつけ医の先生方は、患者さまの症状や生活習慣などを詳しく把握されており、患者さまの些細な変化にも気づきます。その際、専門的な検査や入院などでお役に立てる時には、当院をご紹介頂き、地域全体で患者さまのフォローをします。また、病状が安定しましたら、担当医師の判断により、お近くの病院・医院・診療所・クリニックなどへご紹介の上、地域の先生方にご協力頂いて、患者さまのサポートに尽力します。

医療相談支援について

当院では、専任の相談支援看護師1名、医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)5名を配置しております。
以下のようなお悩みはございませんか?

  • 思いがけない病気やけがで入院となったが、退院に向けて不安が残る。
  • 在宅で生活しているが、介護や病気のことで不安がある。

制度利用・療養費用・介護保険申請・セカンドオピニオン希望・がん相談など、様々なご相談に対して専門の相談員が担当いたします。
患者さまやご家族の方々の心配事を一緒に考え、安心して退院していただくために、患者さまのプライバシーに配慮しつつ、解決に向けたお手伝いをさせていただきます。相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

相談内容の例

  • 医療費や生活費など経済的なことが心配
  • 介護保険のサービスを使いたい
  • 入院生活に置ける心配
  • 病気や治療について相談したい
  • 転院先・施設を探したい
  • 在宅で医療処置を受けたい
  • 障害が残ったときに利用できる制度は?
  • その他、誰に相談したらよいかわからない

相談方法

1階サポートセンターにお越しください。
入院中の方であれば、看護師にお声がけください。
お電話でも受け付けております。

相談受付時間

平日 午前8時30分 - 午後17時30分
土曜 午前8時30分 - 午後12時30分
※但し、第2・第4土曜日は休診です。

地域啓蒙活動(地域医療講演会・介護予防教室・その他講演依頼受付)

地域医療介護連携課では、地域のみなさまの疾病・疾病予防の知識や健康の知識を向上するため、地域健康教室「こたないん会」を発足し、2010年度2月から啓蒙活動を行っています。
2012年度は、脳卒中・心臓病・糖尿病・認知症などに関する講義や、予防体操・栄養指導・看護指導など、計22回の地域健康教室を開催しました。多くの方々にご参加いただき、ご好評をいただいております。
また、地域のみなさまに最新の医療に関する知識や健康管理への役立つ情報などを提供するため、「地域医療講演会」と題し、これまで12回の講演を行っています。

講演ご依頼のお問い合わせ先

HITO病院 地域連携室 高橋 大樹
電話
(0896)58-2222(代表)

医療関係者のみなさまに向けて

緊急受診の調整や入院の相談

地域医療介護連携課にご連絡いただければ、調整の上、受診・入院等の調整を行います。

外来診察

当院では、紹介患者さまの外来受付をFAXで受け賜っております。事前情報をお送りいただくことで、患者さまの待ち時間の短縮、希望の医師・診療科での受診、検査の予約が可能です。
下記のFAX宛てに、予約申込書と紹介状(診療情報提供書)をお送り頂ければ、予約確定後、FAXにて予約票をご返送いたします。

  • 患者さまへ予約内容をお伝えください。その際、予約票もお渡しください。
  • 受診当日は、予約票を持って受付にお越しいただくよう患者さまへお伝えください。

お問い合わせ先

電話
(0896)29-5320(サポートセンター直通)
FAX
(0896)58-5350

栄養指導

管理栄養士が、医療機関に出向いて栄養指導を行ないます。
下記のFAX宛てに、栄養指導予約申込書と紹介状をお送りください。追って管理栄養士より、電話にてご連絡いたします。

お問い合わせ先

電話
(0896)29-5320(サポートセンター直通)
FAX
(0896)58-5350

回復期リハビリテーション病棟への転院相談

急性期から回復期へ移り、リハビリを必要とする患者さまについて、回復期リハビリテーション病棟への受け入れ相談を行います。回復期リハビリテーションではPT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)が365日リハビリを行います。また、在宅復帰、社会復帰に向けて、看護師、介護士が病棟生活を支援します。当院の幅広い病棟機能を地域の皆さまにご活用頂けたらと思っております。

  1. 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、急性脳症、脳炎、脊髄炎
  2. 多発性神経炎、腕神経叢損傷などの発症または手術後、義肢装着訓練を要する状態
  3. 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷・頭部外傷を含む多部位外傷の発症または手術後
  4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節、2肢以上の多発骨折の発症または手術後
  5. 外科手術または肺炎などの治療時の安静による廃用症候群
  6. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経筋または靭帯損傷後
  • 1~5:発症から2カ月以内
  • 6:発症から1カ月以内

転院相談は、ご入院されている病院の相談員か地域連携室を通してご連絡ください。
転院調整には時間を有しますので、できるだけお早めにご相談ください。

緩和ケア病棟入院受付

がん相談・緩和ケア相談の受付と担当者との調整を行います。その後、受診や入院など患者さまのニーズに応じてご紹介いただいた先生方と連携をとりながらサポートします。

退院支援

訪問看護やヘルパーステーション、通所介護施設など、関連法人の福祉部門と連携し、退院後の生活まで切れ目のない支援をします。

お問い合わせ先

電話
(0896)58-2222(代表)
FAX
(0896)58-5350